Copyright © 2018 Tokyo Sitter. All Rights Reserved.

愛犬が掃除機で吠えないためには?ストレスフリーにお掃除しましょう


こんにちは(*^^*)

Tokyo Sitterです。





年末年始は大掃除のタイミングですね。

換気扇のお掃除、

水回りの汚れ取り、

お布団干し、

お家全体に掃除機。。




皆さまはお掃除をしようとして掃除機を取り出そうとしただけで

わんちゃんに吠えられた経験はございませんか?


実は、掃除機の「ブイーン」という音が、嫌いなわんちゃんは多いのです。


では、なぜ嫌いなのか、

掃除機に対する苦手意識をなくす方法はないのか、

今回は書いていきたいと思います。







嫌いな理由その1


わんちゃんは、人間と比べて聴力が高いです。

その結果、人間には聞こえないレベルの周波数(高い音)を聞き取っています。

この高い周波数、つまり「超音波」の音を嫌っている可能性があります。

この超音波に対して、わんちゃんは不快に感じていると言われています。


嫌いな理由その2


わんちゃんの社会科不足かもしれません。

というのも、掃除機は大きな音で、大きく動かしますよね、

これに対し、「敵」だと認識し、攻撃的な態度をするようになるのです。





臆病なわんちゃんですと、

恐怖によって攻撃的になる子は多いですよね。


しかし、仕方ない、と放置していれば

その不快感や攻撃的な姿勢は、

悪化してしまう可能性もあるのですよ。



愛犬が掃除機をかけると吠えるからと言って、

お掃除をしないわけにはいかないですよね…


掃除機を克服するには、どのようにしたら良いのでしょうか。


それは、


「掃除機の音に慣れる」


ことが重要です。


理想的なのは、パピーの頃から

掃除機の音をよく聞いていることです。

掃除機は怖くない、敵ではないとパピーの頃から認識していれば

成犬になっても吠えるようなことはないでしょう。


しかし吠えているのは成犬の今です!という皆さま。



毎日、同じ時間に掃除機で掃除をして、

その音に慣れさせるという方法がありますよ。


毎日掃除機をかけなくても、スイッチをつけて

毎日音を聞くだけでも「慣れ」効果はあります。


すぐにとは言わなくとも、

じっくり時間をかけて、

わんちゃんのストレスにならないように、行っていきましょう。


飼い主様でお時間がない!という方でしたら、

Tokyo Sitterが代わりにお伺いし、

お部屋のお掃除をしながら、

わんちゃんに掃除機に慣れてもらう、という一石二鳥なことも可能ですよ♪



また、掃除機を利用する前には、


「今からお掃除するよ」


とわんちゃんに向かって声をかけてあげるのも良いですよ。


事前に声をかけることによって、

クレートへ避難したり、

飼い主さんに抱っこされたり、

眠ったり。

心の準備をすることができます。


お掃除が終わるときには、


「お掃除終わったよ」


と声をかけてあげます。



すぐに慣れる子もいれば、

数年かかる子もいるでしょう。


お互いにストレスフリーでいたいですよね。

そのためには嫌いなことを無理やりするのではなく、

嫌いを克服していくのも良いですよね。



それでは、また次回まで(^o^)