ペットシッターとペットホテル預けるならどっち?(メリット・デメリット)




わんちゃんやねこちゃん飼っていると、旅行・急な出張や入院・体調不良などで

お世話ができなくなることがあります。

そんなときに助かるのが、ペットホテルやペットシッターなどの

ペットお預かりサービスですね。


ただ、大切な大切な家族を他人に預けるのはとっても不安ですよね。

どちらが利用しやすいのか迷う人も多いのではないでしょうか。


今回はそんな「お預け」に関するお悩みを、Tokyo Sitterが解決いたします。




ペットを預ける上で、最もペットに優しいお預けは?



ペットホテル



《メリット》

・一泊の料金と比べて比較的安価に預かることができる

・元々、ストレスに強い子であれば適応できる

・常に誰かが近くにいてくれる

・他人を家に入れずに済む



《デメリット》

・送迎の必要がある

・他のペットたちと同じ空間にいるためいつもと違う状況にペットが不安を感じる

・他の動物と、接触・感染する恐れがある

・いつもと違う環境のため、体調を崩してしまう




ペットシッター



《メリット》

・直接、オーナーさんの自宅に伺うため手間が掛からない

・いつもと環境が変わらないので安心

・ペットにストレスがかからない

・細かなカウンセリングをするため、ペットのことをよく知っている人が見てくれる

・他の動物との接触・感染の恐れがない




《デメリット》

・ペットホテルよりやや料金が高い

・一度、カウンセリングをする必要がある(ペットについて・鍵の取り扱いや部屋の出入り等)

・家にシッターをいれなければいけない

・特定の人とペットの相性が合わない場合も



状況や目的に応じた使い分けを



主に室内で飼っているペットなど、普段と異なる環境に対してストレスを感じるペットの場合は、ペットシッターのほうが安心かもしれません。

一方、ペットホテルは飼い主が数日単位で家を留守にする場合に、より向いているでしょう。

ペットの不測の事態にもすぐに対応してもらえるはずです。

飼い主の状況、あるいは飼っているペットの個性などによって、依頼するサービスを使い分けると良いと思います。


たとえ今すぐにペットシッターやペットホテルの必要性を感じなくとも、旅行や出張など、家を空けなくてはならなくなることもあり得ます。

また急な体調不良や怪我などでお散歩にいけなくなってしまう日があるかもしれません。


日ごろからご自身のペットの特徴を踏まえたうえで、事前に適した利用先を選んでおくことをおすすめします。


Tokyo Sitterでは、ペットを飼い始めたお客様、ペットシッターをすぐに利用する予定が無い方でも

無料のカウンセリングを済ませておくことをオススメしておきます。

カルテ作成は無料ですので、お気軽にご相談くださいね。



Copyright © 2020 Tokyo Sitter. All Rights Reserved.