• Tokyo Sitter

2020年人気の猫種ランキング🌟TOP5

最終更新: 10月14日

日本は今、猫ブーム到来中です🐈

猫さんのシッティング依頼も驚くほど増えています☺️


人気の猫はいったいどの種類なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、人気の猫種ランキングをご紹介いたします✨




猫のペットシッターはTokyoSitterへ✨ 【LINEでお気軽に、シッティング依頼・獣医師への相談受け付けております。】

🌟LINEお友達追加


TokyoSitterにゃんこ🐈とも&たまさん💗



参照:『みんなの子猫ブリーダー』の子猫掲載頭数(※)をもとに算出した、人気猫種ランキングを発表します。 ※2020年4月のデータをもとに集計しています。




✨人気猫種第1位 スコティッシュフォールド✨




TokyoSitterにゃんこ🐈ステラさん💗


人気猫種第1位は、折れ耳が特徴的なスコティッシュフォールド。 スコティッシュフォールドの歴史は、1960年代にスコットランドの農場で誕生した1匹の猫がはじまりとされています。 「スージー」と名付けられたその猫は、ほかのきょうだい猫とは異なり、成長しても耳が折れ曲がったままという特徴をもっていました。 やがておとなになったスージーが子猫を出産すると、そのなかにも耳が折れた個体がいたため、折れ耳が遺伝性によるものだと判明。その子孫をもとに繁殖が行われたことで、スコティッシュフォールドという猫種が誕生したのです。 スコティッシュフォールドの性格は、人懐っこく甘えん坊。

飼い主に構ってもらえなかったり留守番の時間が長かったりすると、ストレスを溜めてしまうことも。

「まるで犬のよう」と評されるスコティッシュフォールドは、愛猫とたくさんスキンシップをとりたい人向けの猫です。




✨人気猫種第2位 マンチカン✨


人気猫種第2位は、短い足でお馴染みのマンチカンです。 マンチカンのはじまりとなったのは、1983年にアメリカ・ルイジアナ州でトレーラーの下に住んでいたメスの短足猫。その短足猫の子孫をもとに育種が行われ、1995年にTICAにて正式な猫種として認定されました。 マンチカンの最大の特徴といえば、なんといっても短い足。 「猫界のダックスフンド」とも呼ばれるマンチカンですが、実は短足の個体は実は全体の2割程度で、残りの8割は足長タイプとされています。 性格は、人懐っこく好奇心旺盛。足の長さに関わらず、活発に動き回ることが好きなので、運動できるスペースを確保してあげると喜びます。 また、聞き分けがよく、高い学習能力をもっているため、トイレや爪とぎのしつけも楽に行えるでしょう。




✨人気猫種第3位 メインクーン✨


世界最大の猫種のメインクーンが、人気ランキング第3位です。 アメリカ合衆国・メイン州の「州猫」に認定されているメインクーンですが、猫種としての成り立ちはさまざまな説があり、定かではありません。 北アメリカで自然発生したとされるメインクーンは、厳しい気候にも耐えられるほど豊かな被毛をもち、胸元にはライオンのたてがみのような飾り毛が生えているのが特徴です。 野性味あふれるルックスに似合わず、性格はおおらか。 協調性にも優れているので、ほかのペットや小さなお子さんがいるご家庭でも安心して飼育することができます。 また、鳥のさえずりに例えられるほど鳴き声が小さく、ご近所との騒音トラブルに悩まされる心配がないというのも、メインクーンの魅力のひとつなのではないでしょうか。




人気猫種第4位 ノルウェージャンフォレストキャット✨


ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェー原産の猫で、神話に登場する猫のモデルになるほど、地元では広く親しまれている猫です。 4000年前から存在していたともいわれる猫種ですが、本格的にブリーディングがはじまった1970年代のこと。1977年にはCFAに、アメリカでは1984年になってようやく正式な猫種として登録されました。 風格ある外見にもかかわらず、ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強い性格をしています。 過酷な環境を生き抜いてきただけあって、環境の変化に強く、ストレスに対する抵抗力もあります。 換毛期になると抜け毛のケアに手間がかかりますが、おとなしくてしつけのしやすい性格ははじめて猫を飼う人にもおすすめです。



✨人気猫種第5位 ベンガル✨

TokyoSitterにゃんこ🐈ルト&ロゼさん💓




人気猫種第5位は、ヒョウ柄のような被毛に身を包んだベンガルです。 ベンガルは、ヤマネコとイエネコの掛け合わせによって誕生した品種で、もともとは猫白血病の研究を目的に交配が行われました。 実験自体は失敗に終わったものの、アメリカの猫愛好家がこの猫に興味をもち、さらに品種改良を重ねた結果、1980年に新たな猫種として正式に認められました。 ワイルドな容姿から、気性が荒いイメージなベンガルですが、意外にも温厚で社交的な性格。 愛情深いタイプなので、ほかのペットとも仲よくやっていけます。 ただし、ほかの猫と比べて運動量が多いです。ストレスを溜めないためにも、おもちゃを使って遊んであげたり、上下運動ができるようにキャットタワーを設置してあげたりするといいでしょう。




Tokyo Sitterでも、この5種類の猫さんはとても多いです☺️✨✨


みなさん人懐っこくてとてもいい子ですよ🎵




ペットシッターのご依頼はこちら✨ 【LINEでお気軽に、シッティング依頼・獣医師への相談受け付けております。】

🌟LINEお友達追加


Copyright © 2020 Tokyo Sitter. All Rights Reserved.